• DTP 制作実績&料金表
  • チラシ・フライヤー・ポスター
  • 会社案内
  • パンフレット
  • カタログ・冊子
  • DM・ハガキ
  • 名刺・カード
  • ロゴ
  • キャラクター・イラスト
  • その他
  • WEB 制作実績&料金表
  • ホームページ作成
  • 管理・更新
  • ネットショップ
  • XOOPS

お問い合わせ

メールフォームからのお問い合わせは24時間受付

電話番号

ホームページやチラシを作れる人を探している、などといった方がお知り合いでいらっしゃいましたらぜひご紹介ください。制作・営業のパートナーも募集中です。

詳しくはこちらへ

制作概要制作実績制作料金

会社案内
会社案内は会社のイメージ、業務内容などによって掲載内容も様々。商品やサービスを紹介するチラシやカタログとは違ったデザインが必要となります。形態も折形式や冊子タイプなど、綿密な打ち合わせを行い制作させていただきます。今までの制作実績制作料金を別ページに記載していますのでご覧ください。

↓

制作の流れ
制作の流れ
受注から納品までの制作の流れは「チラシ・フライヤー・ポスター」とほぼ同じです。こちらをご参照ください。

形態・スタイル

会社案内は業務形態、社風、個性に合わせていろいろな形状・スタイルがあります。
紙質、形状、印刷方法などに工夫を凝らす制作方法もありますので、ご予算に合わせてご検討ください。
テンプレートではできないオリジナルな会社案内を制作します。

見開きタイプ

2つ折でほとんどが仕上がりA4サイズになります。ページ数でいうと4ページになります。一般的に必要な会社概要、最小限の業務内容などを記載したオーソドックスなタイプです。事業内容、求人など詳細を入れるとなるとページ数を増やして中綴じタイプにした方がいいかもしれません。

中綴じタイプ

冊子タイプで、ページ数は8ページ、12ページ、16ページと4の倍数ページになっていきます。中に折りページを入れて観音開きにすることもできます。ページ数が増えるとその分情報やイメージ写真なども入れることができるため、より会社のイメージアップが図れます。

ホルダー+ペラタイプ

厚手の紙質のパンフレットホルダーにペラを数枚挿入するタイプです。このタイプの利点はチラシなども挿入できること、ページ数に制限がないこと、そして改定する場合に該当のペラだけ差し替えればよいため、改定が多い場合はコストダウンが可能なことです。他のタイプに比べて最初の制作コストはかかりますが、後々の変更を考えるとこちらの方がおすすめな場合もあります。

リーフレットタイプ

一枚の紙を3つ折などにしてコンパクトにまとめたタイプです。一般的にはA4を3つ折にしたサイズが多く企業系には不向きですが、診療所、サロン、飲食店、ショップなどは持ち帰りしやすいため、この形状の方が良い場合もあります。大まかな業務の紹介や場所の案内(地図など)に有効です。

変形タイプ

制作コストがかなりかかってしまいますが、正方形、様々な形にカットしたり、紙質、インク、印刷方法に凝ってみたり、業種によっては個性的でインパクト大な会社案内となるでしょう。

このページの一番上へ